ユニバースミッション11弾 SEC トランクス:ゼノ、ゴジータ:UM、ハーツ

2019年11月7日(木)稼働のユニバースミッション11弾のシークレットが判明しました!

今弾のSECは、超サイヤ人ゴッドの「トランクス:ゼノ」、超サイヤ人ブルーの「ゴジータ:UM」、宇宙の種を取り込んだ「ハーツ」の3種です。

さっそくアビリティを見ていきましょう。

スポンサーリンク


UM11-SEC トランクス:ゼノ

UM11-SEC トランクス:ゼノ

エリート
HP 2800
パワー 6000
ガード 3000

必殺技:ヒートドームアタック(8)

アビリティ「神の護り手」:アタッカーにした作戦決定時、そのラウンドのみ、自分チームのHエナジーが減らなくなり、自分チームのHエナジーを+1。[1回限り]

神撃のフリーズアタック:2ラウンド目以降アタッカーにすると、敵チームの攻撃時に、ランダムでフリーズモードに突入。成功すると、敵1人の攻撃を防いだ上で敵に2倍のダメージを与え、敵チームのHエナジーを-1。[1回限り][フリーズはチームで1枚のみ発動可能]

不屈の戦いユニット:自分チーム全員のパワーが「自分チームのヒーローエナジーの個数×3000」アップする。[1ラウンド限り][必要エナジー3]
リーダー:トランクス:ゼノ メンバー:ベジータ:ゼノ、孫悟天:ゼノ


アビリティは一回限りの効果ですが、勝負ラウンドにエナジーを確実に保持できます。「UM8-SEC2 ゴジータ:ゼノ」の超アビリティで大ダメージを狙う場合など、その他使い道は多そうです。

また、フリーズの2倍ダメージもかなり強力です。

UM11-SEC2 ゴジータ:UM

UM11-SEC2 ゴジータ:UM

ヒーロー
HP 2100
パワー 5000
ガード 2000

必殺技:瞬迅一閃→スターダストブレイカー(7)

アビリティ「究極を凌駕する者」:アタッカーにした戦闘力バトル終了時、自分チームの戦闘力数値分、自分のパワーが永続でアップする。さらに、戦闘力バトルに勝利すると、敵に与えるダメージが永続で1.3倍になる。[毎回]

無敵のゴッドかめはめ波:2ラウンド目以降アタッカーにすると、自分チームの攻撃時にGかめはめモードに突入し、かめはめ波が発動する。さらに、ゴッドパワーを解放すると、変身し、自分の戦闘力が永続で3倍になり、絶対にきぜつしなくなる。[1回限り]


戦闘力さえ稼げれば、1ラウンド目から高パワーが出せます。ダメージ倍増効果は1.3倍と控えめですが、アタッカーにし続ければ高ダメージが期待できそうです。

UM10-012 孫悟空:少年期」「UM2-034 ベジータ」など、高戦闘力を出しやすいカードと相性が良いです。

スポンサーリンク


UM11-SEC3 ハーツ

UM11-SEC3 ハーツ

バーサーカー
HP 2500
パワー 6300
ガード 1000

必殺技:グラビティ・フィナーレ(8)

アビリティ「神を滅する力」:作戦決定時、パワーが10000未満の敵アタッカー全員のダメージ倍増効果をそのラウンドのみ無効にし、パワーが10000以上の敵アタッカー全員のパワーを永続で3000奪う。[毎回]

究極のゴッドメテオ:アタッカーにすると、自分チームの攻撃終了時に発動可能。成功するとGメテオでダメージを与える。[敵サポーター効果]発動した次ラウンドの敵サポーター全員のガードとダメージ軽減効果が永続無効。 [1回限り][Gメテオはチームで1枚のみ発動可能]


アビリティは毎回無条件で発動するので、敵のダメージ倍増効果を減らす「獄炎のゴッドメテオ」とは相性が悪いです。パワーが10000以上の時の奪えるパワー3000は、やや微妙な数値ですね。

ゴッドメテオの効果は強力なので、「HGD4-18 タンバリン」などで敵アタッカーを出しづらい状況を作ると良いと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

関連記事はこちら