UM11-067 シーラス 歴史の編纂者

今回は、ユニバースミッション11弾のUR、シーラスを使ったデッキを考えてみました!敵アタッカーのパワーの合計値が仲間アタッカーのパワーの合計値より高い時、敵アタッカーの受けるダメージをアップできるカードです。

まずはカードを見てみましょう。こちらがアムズと融合したシーラスです!

UM11-067 シーラス

融合し邪悪な雰囲気となったシーラスが強そうでイイですね。ド派手な金箔とカラフルなホロ仕様が相まって、なかなか美しい一枚です。

では、アビリティを見てみましょう。

スポンサーリンク


UM11-067 シーラス

UM11-067 シーラス

ヒーロー
HP 3000
パワー 4200
ガード 3000

必殺技:乱舞・裂煌(7)

アビリティ「歴史の編纂者」:アタッカーにした作戦決定時、敵アタッカーのパワー合計値が仲間アタッカーのパワー合計値より高い時、敵アタッカー全員の受けるダメージがそのラウンドのみ1.3倍になる。さらに、自分チームアタッカーに「召喚アプリ」か「VC」の仲間がいると、効果がアップする。[毎回]

粛清の痛撃(究極バースト):必殺技発動時、敵に与えるダメージをアップできる。超バーストMAXに到達すると、覚醒バーストモードに突入し、さらにダメージをアップすることができる。また、攻撃した敵に超強力な気力ダメージを与え、敵チームのHエナジーを-1。[毎回]


アビリティは効果アップすれば、敵アタッカーの受けるダメージを2.5倍にできます。究極バーストの効果も強力なので、うまく両方発動できれば、バトルがかなり有利になります。

今回のデッキ

UM11-067 シーラスを使ったデッキ

UM11-067 シーラス
UM12-SEC3 孫悟飯:少年期
BMPS-06 ザマス:合体
SH4-SEC2 暗黒仮面王
HJ6-63 トランクス:ゼノ
UM2-034 ベジータ
UM8-068 グレートサイヤマン3号

1ラウンド目、問題なければ全員アタッカーに。ベジータの「蒼きサイヤ人」で戦闘力アップできるので、先行が取れればトランクス:ゼノの「異次元からの使者」で敵のガードが1になります。

ザマス:合体は「守りの構え」で仲間のダメージを半減し、「獄炎のゴッドメテオ」で次ラウンドの敵の与えるダメージを大幅ダウンできます。

まとめ

このシーラスは、アビリティの効果アップ時の敵の受けるダメージ2.5倍が強力なので、「召喚アプリ」と共にうまく使えば結構強いと思います。究極バースト持ちなので、アタッカーとしても普通に強いです。

歴史の編纂者、シーラスでした!