【SDBH3弾】SH3-49 UR ベジット:ゼノ 合体戦士の余裕 エナジーガードユニット

今回は、SDBH3弾のUR、ベジット:ゼノを使ってみました!アビリティで、毎ラウンド終了時にエナジーアップできるカードです。

まずはカードを見てみましょう。こちらが最強の合体戦士、ベジット:ゼノです!

SH3-49 UR ベジット:ゼノ SDBH3弾

ベジットから溢れ出る底知れないパワーが、金銀の箔で豪華に表現されています。自信満々の表情が、ベジットらしくてカッコイイ!

では、アビリティを見てみましょう。

スポンサーリンク


SH3-49 ベジット:ゼノ

SH3-49 UR ベジット:ゼノ

エリート
HP 2700
パワー 6500
ガード 1500

必殺技:スピリッツセイバー(8)

アビリティ「合体戦士の余裕」:ラウンド終了時、そのラウンドの自分チームが受けたダメージが10000以下だと、そのダメージ値に応じて、自分チームのHエナジーがアップする。[毎回]

最強のダブルアタック:2ラウンド目以降アタッカーにすると、チーム攻撃時にパートナーと一緒にダブルアタックする。さらに、超ダブル効果で自分とパートナーが永続で敵のガードを無効にして攻撃する。[1回限り]

エナジーガードユニット:自分チームのヒーローエナジーが、ユニット発動時以外は減らなくなる。[永続]
リーダー:ベジット:ゼノ メンバー:時の界王神、トランクス:ゼノ


アビリティでアップするHエナジーは、ダメージ1~1000で3つ、1001~5000で2つ、5001~10000で1つです。

ユニットはメンバーも良く、奇襲の一手や「HGD4-SEC ダーブラ:ゼノ」などの対策にもなり、割と使い勝手の良い効果です。

1ラウンド目のダメージ数を小さくできる、「SH2-SEC セル:ゼノ」や「HGD3-58 時の界王神」と相性が良いでしょう。

合体戦士の余裕

アビリティは、毎ラウンド終了時に発動します。

合体戦士の余裕の効果

貯まったエナジーは、2ラウンド目のユニット発動に使うと効果的です。

エナジーガードユニット

これで、敵のエナジー妨害は永続で無効となります。

まとめ

このベジット:ゼノは、アビリティでエナジーを稼ぎつつ、強力なメンバーでユニットが組めるので、デッキ次第で活躍できるカードだと思います。

豪華なデザインにも満足したし、使いやすく良いカードでした!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

関連記事はこちら