「HJ4-17 孫悟飯:青年期 秘めたる闘争心」を使ってみた!

※注意

このカードは2020年3月19日(木)稼働のビッグバンミッション1弾からアビリティの修正が入り、アビリティ発動タイミングがアタッカーにした作戦決定時になりました。

そのため、本記事の様にバトル開始時にエナジーアップができなくなります。ご注意ください。


今回は、邪悪龍ミッション4弾のUR、孫悟飯:青年期を使ってみました!ユニバースミッション12弾のコモン「界王神」「キビト」の登場で、再び注目されているカードです。

まずはカードを見てみましょう。こちらが老界王神の力で潜在能力を解放した、孫悟飯:青年期です!

HJ4-17 孫悟飯:青年期

潜在能力を解放し、秘めたる闘争心を爆発させる悟飯がカッコイイですね。衣装は違いますが、名ゼリフ「勝てんぜ、おまえは・・・」が、今にも聞こえてくるようですw

では、アビリティを見てみましょう。

スポンサーリンク


HJ4-17 孫悟飯:未来

HJ4-17 UR 孫悟飯:青年期

バーサーカー
HP 2800
パワー 6200
ガード 1000

必殺技:ゼットソードスラッシュ(7)

アビリティ「秘めたる闘争心」:アタッカーになった時、自分の戦闘力が永続で1.2倍になる。さらに、自分チームに「界王神」「キビト」「キビト神」のいずれかがいると、自分チームのヒーローエナジーが+2。

真価のダブルアタック:2ラウンド目以降アタッカーにすると、チーム攻撃時にパートナーと一緒にダブルアタックする。さらに、超ダブル効果で自分とパートナーのパワーとガードが永続で1500アップ。[1回限り]

復活ユニット:敵チームの攻撃でKOされた時、「復活チャンス」が発動。入力に成功すると、HP1000で復活する。
リーダー:孫悟飯:青年期 メンバー:界王神、キビト


「界王神」「キビト」「キビト神」のいずれかをデッキに入れると、バトル開始時にHエナジーを+2にできます。そのため、エナジー消費量が2以下のユニットなら1ラウンド目から発動することが可能です。

1ラウンド目開始時前の効果なので、「UM3-038 孫悟空」「UM8-047 フィン」などのエナジーアップを封じる効果の影響も受けません。

今回のデッキ

HJ4-17 孫悟飯:青年期を使ったデッキ

HJ4-17 孫悟飯:青年期
UM12-035 界王神
UM12-036 キビト
SUPSJ2-03 ゴジータ:GT
UM8-SEC2 ゴジータ:ゼノ
UM10-SEC3 ベジータ
PMDS-04 ビルス

バトル開始時、孫悟飯:青年期の「秘めたる闘争心」でエナジーが+2されます。

そして1ラウンド目開始時、キビトの「エナジーガードユニット」を発動。さらに、界王神の「堅実な戦法」で仲間全員の気力が2メモリ回復します。ゴジータ:GTは「消耗するエネルギー」で戦闘力が4倍なので、1人で12000の戦闘力を稼げます。

これで敵にエナジーアップを封じるカードがいなければ、1ラウンド目から高戦闘力&エナジーを10稼げます。

2ラウンド目以降は、界王神の「界王神のご加護ユニット」か、孫悟飯:青年期の「復活ユニット」も使えます。

スポンサーリンク


秘めたる闘争心

アビリティはバトル開始時に発動します。

秘めたる闘争心の効果

そして、すかさずエナジーガードユニットを発動!これで敵のエナジー妨害を完全に防げます。

エナジーガードユニットの効果

ユニットを発動する毎に、界王神の「堅実な戦法」で気力が回復できます。

堅実な戦法の効果

こんな感じで、1ラウンド目から高戦闘力が稼げました!

秘めたる闘争心を使って高戦闘力

この後、ベジータの「誇り高き精神」の20倍ダメージや、ゴジータ:ゼノの超アビリティで大ダメージが出せます。

まとめ

この孫悟飯:ゼノは、単体では特に活躍しませんが、エナジーガードユニットを使ったコンボで結構面白い使いかたができます。バトル開始時にエナジーを2つ貯められる唯一のカードなので、持っていれば便利な一枚かなと思います。

唯一無二の効果を持った、孫悟飯:青年期でした!