第3弾(H3)のUR、SEC、使えるカード

今回は、ドラゴンボールヒーローズ第3弾のURやSECを勉強してみようと思います。稼働開始は2011年3月17日です。

この弾から、カードアクションが導入されました。と言っても、「チェンジ」と「ロックオン」の2種類のみですが。また、新種族として魔人アバターが登場しました。

ドラゴンボールヒーローズ 第3弾

H3-27 孫悟空 UR

H3-27

バーサーカー
HP 2800
パワー 4400
ガード 1000

必殺技:かめはめ波(5)

アビリティ「みなぎるパワー」:自分チームの戦闘力が4000以上の時、パワー+3000。[毎回]

限界突破ユニット:自分チーム全員が必殺技を発動できるようになる。[1ラウンド限り][消費エナジー3]
リーダー:孫悟空(超サイヤ人2) メンバー:孫悟飯:青年期(超サイヤ人、孫悟天(超サイヤ人)


バーサーカーで気絶しやすいですが、「みなぎるパワー」で1ラウンド目からパワー7400まで上げられるのは、悪くはないですね。ただ、同じアビリティを持つカードだと、「JBL-03 ベジット」の方がパラメータは上です。

H3-35 ベジータ UR

H3-35

エリート
HP 3200
パワー 3500
ガード 1500

必殺技:ファイナルエクスプロージョン(6)

アビリティ「真の力」:3ラウンド目でパワーが2倍になる。

ロックオン「サイヤ人の王子」:必殺技が発動できる時にアタッカーにすると、ロックオンした敵を攻撃し、1.5倍のダメージをあたえる。[1回限り]

バビディの洗脳ユニット:自分チームの戦闘力が1.5倍になる。[永続][消費エナジー3]
リーダー:ベジータ(破壊王子) メンバー:ダーブラ、プイプイ、スポポビッチ、ヤムー


同じ「真の力」とロックオンを持ったカードなら、次段の「H4-05 トランクス:青年期」や「H4-20 孫悟空:GT」の方が高性能ですね。



スポンサーリンク

H3-47 魔人ブウ:善 UR

H3-47

バーサーカー
HP 2900
パワー 3900
ガード 1000

必殺技:イノセンスキャノン(5)

アビリティ「ハラペコパワー」:自分の気力がピンチの時、パワー+3000。[毎回]

ギガプレッシャーユニット:自分チーム全員のチャージインパクトスピードを遅くし、敵チーム全員のチャージインパクトスピードを速くする。[1ラウンド限り][消費エナジー5]
リーダー:魔人ブウ:善 メンバー:ダーブラ、プイプイ


「ハラペコパワー」持ちの魔人ブウの中では、最もパワーが高いです。1ラウンド目にアタッカーにすれば、2ラウンド目に発動できますが、気絶が心配です。まあ、あえて使うほどのカードじゃないですね。

H3-58 ゴテンクス UR

H3-58

ヒーロー
HP 3000
パワー3700
ガード 2000

必殺技:ビクトリーキャノン(5)

アビリティ「スキだらけのヒーロー」:敵にあたえるダメージが超アップすることがある。[毎回]

メガプレッシャーユニット:自分チーム全員のチャージインパクトスピードを少し遅くし、敵チーム全員のチャージインパクトスピードを少し速くする。[1ラウンド限り][消費エナジー3]
リーダー:ゴテンクス(超サイヤ人) メンバー:孫悟空(通常)、ピッコロ(神と融合)


ダメージ超アップはランダムなので、使いづらそうです。同じヒーロータイプだと「HGD4-31 ゴテンクス」の方が高性能ですね。

H3-SEC トランクス:青年期 SEC

H3-SEC

エリート
HP 3500
パワー 4200
ガード 1500

必殺技:シャイニングスラッシュ(4)

アビリティ「未来から来た剣士」:自分の攻撃時、チャージインパクトで勝利すると、パワー+1000。[毎回]

未来への希望ユニット:自分チームの攻撃時、「トランクス:青年期」「孫悟空」「サイヤ人(ヒーロータイプ)」による「超ユニット技」が発動する。[消費エナジー10]
リーダー:トランクス:青年期(超サイヤ人3) メンバー:孫悟空(超サイヤ人)、サイヤ人(おとこ、通常)


これは・・・カードデザインが超!カッコイイですね!!しかし、アビリティ効果はCIで勝利してパワー+1000と超!ショボイです。

未来への希望ユニットは、アバタ―がサイヤ人(おとこ)限定なので、使える方が限られてきますね。

まとめ

というわけで、今回は第3弾のカードを振り返ってみましたが、今弾の使えるカードは、皆無かもしれませんね・・・。なんかすみません。

個人的には、SEC トランクス:青年期は超ユニット技持ちで、しかもカッコイイので、持っておいても良いカードかなと思いました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

関連記事はこちら