ドラゴンボールヒーローズ GM3弾のUR、SEC、使えるカード

今回は、ドラゴンボールヒーローズ ギャラクシーミッション 第3弾のカードを振り返ってみます。稼働日は2012年7月12日です。

正直、あまりいいカードは無い弾だったと思いますが、とりあえず順番に見ていきましょう。

ドラゴンボールヒーローズ GM3弾

HG3-16 孫悟空 UR

HG3-16

エリート
HP 3200
パワー 4000
ガード 1500

必殺技:超龍撃拳(6)

アビリティ「進化する超戦士」:チャージインパクトで勝利すると、ダメージがアップする。ただし、2.5倍以上にはならない。[毎回]


CIに勝利するごとに、ダメージがアップしていきます。他のカードの効果でパワーを上げてやれば、強力なアタッカーになると思います。

スポンサーリンク


HG3-43 孫悟飯:GT UR

HG3-43

バーサーカー
HP 2500
パワー 3400
ガード 1000

必殺技:龍翔拳(4)

アビリティ「兄弟の絆」:3ラウンド目開始時、ガード+3000&自分のチャージインパクトスピードを変える効果を無効にする。さらに、自分チームに「孫悟天:GT」がいると、1ラウンド目から発動する。[永続]

超サイヤ人(チェンジ):2ラウンド目以降アタッカーにすると、カードアクションが発生する。成功すると、変身し、パワー+2000。[1回限り]


これは「孫悟天:GT」と一緒に使うのが良いですね。ただ、アビリティ効果を発動しても貧弱なパラメータなので、あまり使えないカードでしょう。

HG3-45 孫悟天:GT UR

HG3-45

エリート
HP 3000
パワー 2500
ガード 1500

必殺技:かめはめ波(5)

アビリティ「兄弟の絆」:3ラウンド目開始時、ガード+3000&自分のチャージインパクトスピードを変える効果を無効にする。さらに、自分チームに「孫悟飯:GT」がいると、1ラウンド目から発動する。[永続]

超サイヤ人(チェンジ):2ラウンド目以降アタッカーにすると、カードアクションが発生する。成功すると、変身し、パワー+2000。[1回限り]


「孫悟飯:GT」と一緒に使うと良いですが、こちらもパラメータが貧弱なので、実用性はないと思います。

HG3-55 ウーブ:青年期

HG3-55

ヒーロー
HP 2700
パワー 2900
ガード 2000

必殺技:かめはめ波(5)

アビリティ「強固な守り」:チャージインパクトで勝利すると、ダメージ軽減効果がアップする。ただし、90%以上にはならない。[毎回]

ダメージ半減ユニット:自分チーム全員の受けるダメージを半減する。[1ラウンド限り][消費エナジー4]
リーダー:ウーブ:青年期 メンバー:孫悟空:GT(超サイヤ人)、パン


CIに勝利するごとにダメージを減らしていく、俗にいうカチカチウーブです。効果は悪くないと思いますが、今では「強固な守り」持ちカードは他にもあるので、あえてこのカードを手に入れる必要もないと思います。

HG3-SEC ベビー:少年体

HG3-SEC

エリート
HP 3800
パワー 1900
ガード 1500

必殺技:リベンジブラスト(5)

アビリティ「ツフル人の逆襲」:自分チームのHPが30%以下になると、パワーが2倍になる。さらに、「孫悟空」「孫悟空:GT」が敵チームにいると、効果がアップする。[永続]

寄生(合体):2ラウンド目以降パートナーと合体可能。合体後、毎ラウンド自分の戦闘力2倍&気力回復。さらに、合体した時のパートナーの気力が多ければ多いほど、敵にあたえるダメージがアップする。
パートナー:ベジータ:GT(超サイヤ人)


合体時のパートナーの気力が満タンだと、3倍ダメージになります。ただ、元々のパワーがかなり低いので、使いづらいカードかなと思います。

その他

HG3-CP4 HG3-50

HG3-CP4 ゴジータ・・・まず、HP4200、パワー6500、ガード2000とパラメータが高いです。それに加え、自分チームのHPが50%以下の時、ダメージが1.2倍。4ラウンド目以降、スパーキングボーナスでダメージ4倍。後半になるとかなり強いカードになります。

HG3-50 ミスター・サタン:GT・・・不屈の戦いユニット、勝利宣言(ロックオン)持ちです。アビリティはパンと一緒に使うことで、両者のミラクルパーフェクト確率がアップします。全ての効果をうまく使えば、かなり強いカードになります。

まとめ

というわけで、以上がGM3弾の気になるカードでした。URやSECよりも、CPの「ゴジータ」とSRの「ミスター・サタン:GT」の方が使いどころは多いかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

関連記事はこちら